メシマコブは免疫システムを活性化

メシマコブはタバコ ウロコ タケ科に 属するキノコですが、かつては長崎県めしま・五島列島の女島に野生株が多かったこ とから、その名がつけられました。
担子菌類は植物に寄生して栄養分をもらキノコですが、メシマコブの胞子は桑の古木に寄生します。


日本でも早くから、メシマコブの有用性が注目されていましたが、桑の木を枯らしてしまうためすぐに伐採される事や、成長するまでに20〜30年もかかるとい事などの為、自生のメシマコブを見つけるのは非常に困難でした。


栽培も難しいのであまり研究が進まず、韓国ではメシマコブの菌糸体の培養に成功してから、PL2という菌株をもとに薬効の研究が始まりました。
その結果、有効成分は多糖体にタンパク質がついたへテロマンナン・タンパク複合体で、抗がん性免疫増強作用があるため、がん治療に効果的だと報告されました。


免疫システムを持つ細胞には、マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞などがあり、いずれもメシマコブを摂ることで、活性化するといわれています。

ホームページ1

ホームページ2


しかも抗がん剤の副作用を軽減するという効果もあると言われ、韓国では医薬品として認可され、実際にがん治療の医療現場で使われているようです。


がん以外では、免疫システムの低下による疾患、例えばアトピー性皮膚炎や膠原病などにも効果があるのではないかとみられています。


また血糖値を正常にし、糖尿病の発病を防ぐという研究結果も発表されているようです。


韓国では医薬品として認可されている成分で、日本ではサプリメントとして多くのメーカーにより、粉末、錠剤、菌糸体エキスなど、様々なものが販売されています。



東洋医学による高血圧改善法には、自宅でできる高血圧改善法など、お試しになられては如何でしょう・・・



メシマコブ

蘇源・メシマコブ菌糸体エクストラクト

βグルカンの豊富な水溶性メシマコブ菌糸体エキス
高分子多糖体のβグルカンを独自の技術により低分子化
吸収率の良い水溶性エキスにしました。


βグルカンを豊富に含有するメシマコブを原料に、体内への吸収率を高めることを目的として開発された「蘇源 メシマコブ菌糸体エクストラクト」。
希少なメシマコブの菌糸体を培養し、酵素処理することで、高分子多頭体であるβグルカンを低分子化。さらに熱水抽出法により、吸収率の良い水溶性エキス化に成功しました。高度なテクノロジーにより、そのままでは吸収されにくいβグルカンを、効率よく取ることができるようになったのです。
メシマコブ特有のβグルカンのパワーを、ぜひお試しください
1箱(約30日分)300粒入(5粒×60袋)


ドリームゲート,メシマコブは免疫システムを活性化